ゴルフはじめました。

良かったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家で仕事をしているので何か運動したいと思っていました。といってもジムは好きじゃないんです。ただ体を動かすだけではつまらない。

で、思いついたのが「ゴルフ」でした。

  • 一人でもできる。
  • おじいちゃんになっても続けられる。
  • 日本どこでもゴルフ場はある。
  • ゴルフの練習も好きなときに打ちっぱなしに行ける。

(でもゴルフ場は4人1組でまわるみたいです。一人でも回れるコースもあるようですが。)

実は、前からちょっと興味はありました。会社員のときに周りの同期とかがやってたんですね。でも、自分にはゴルフクラブを買うお金もゴルフの練習に通う時間もなかった。

専業になった今なら時間がある。やるなら今だ。と思い先月からスタート。

5月の成果は「ゴルフを始めたこと」
6月の目標は「正しいスイングを身に付ける」ことにしました。

これまでお試しレッスン2回。レッスン会員になってから2回目のレッスンを昨日受けてきました。これからはゴルフレッスンや練習など気づいたことなどを書いていきたいと思います。 

スポンサーリンク

4回目のレッスン内容

初めて指導を受ける先生。ちょっと緊張。 軽く挨拶してレッスン開始。まずはストレッチから。

ショートパット

まずはパターでショートパットの練習。バックスイングをせずにストローク。 前に押し出すだけ。パターに当たって転がっているのを感じながらストローク。そんなに強く振らなくても結構転がるもんだ。

ワンレバースイング

スイングが安定しているのであれば、ワイパーのように同じ軌道を描くはずだ。と。確かに。 首元を支点に振る感じをイメージ。 先生にスイングを8時4時で止めた時のアイアンのフェースの開き具合や腕の具合を見てもらった。 バックスイングのフェースをもうちょっと開いて、スイング後は左腕をもっと曲げていいとのこと。

ツーレバースイング

グリップを握って手首だけで円を描けるかどうかをチェック。 腕や肩が動いているのは握りすぎや手首が固い証拠だと。 自分は問題なかった。

フルスイング

左手の握り方が横から過ぎると言われる。上から包むイメージ。 確かに握り方がちょっと違うだけでフルスイング時の腕の一体感が違います。 あと気づいたのが目線がスイングで上下とバラつく。頭が動いている証拠だと思った。 メガネをしているので下のメガネのふちちょい上で構えるので動かないよう意識しながらスイング。。。 結構難しい。これでまずは練習して見につけたい。

練習後

家の近くのゴルフドゥへ行ってみた。パターは毎回のレッスンで使うのでそろそろマイパターが欲しい。 そして、ドライバーもやわらかいシャフトでしなるので硬めのやつを選んだ。 計2万ちょっと。 ドライバーが苦手意識あるので練習したい。

その後、練習しましたが、左の背中の肩甲骨や左手の親指、中指、薬指、小指が非常に痛くなるのはドライバーの打ち方が悪いみたいです。手打ちをしているのか身体からインパクトまで持っていくと痛くないみたいで。まだまだドライバーのスイングが固まっていません。

どうやら、ドライバーはボールに意識しすぎると悪いみたい。ドライバーの最下点は頭の下にありながら上がっていくところを当てる?感覚のようです。どうりで上がらないわけだ。スライスもめっちゃするんでボールに当てようと肩が開いたりしているんだろうと予測。よく分かっていませんが、痛みが引けたら練習してみたいと思います。

スポンサーリンク

良かったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする