Huawei nova liteからASUS Zenfone4 MAXに機種変更した感想

SPONSORED LINK

去年10月に購入して結構気に入っていたZenfone3を犬の散歩中に落としてしまい画面がバキバキになってしまったので、7月頃に安く購入できたnova liteを5カ月ほど使っていました。

ですが、どうしても不満な点が出てきたので今回Zenfone4 MAXに機種変更することにしました。機種変更といってもSIMフリーの端末なのでSIMを差し替えるだけで完了です。

Zenfone4 MAXが昨日届いてSIMカードの差し替え、アプリなどインストールが終了して1日経ってみて分かった感想などを紹介したいと思います。

 

まずはnova liteの不満点

  • ROMが16GBしかない
  • カメラ画質がイマイチ
  • すぐ電池が切れる

ROMが16GBしかない

一番の不満点はROMが16GBしかなく、すぐにデータ記憶容量がいっぱいになるのがとにかくストレスでした。

システムの容量だけで10GBほど使うため余裕が6GBほどしかなくちょっとアプリを入れるだけでいっぱいになり警告のお知らせが届いて、一番容量を使っているKindleを初期化するってのを最後の方ほぼ毎日やっていました。

ですので、格安スマホだとしてもROM容量が16GBしかないスマホは買ってはいけません。最低でも32GBは必要です。

カメラ画質がイマイチ

めちゃくちゃきれいな写真を撮りたいとか思ってはいません。それなりにきれいに撮れる画質でいいんですけど、思ってたより残念な画質でした。

 

すぐ電池が切れる

スマホ中毒でよくスマホを使うというのもありますが、あまりバッテリーの持ちがよくありません。

もっても1日くらいで日中にすぐ20%を切り常に充電している感じでした。バッテリーは3,000mAhほどでしたが、あまり自分の思っていたほど持ちのよい容量ではありませんでした。

nova liteの良かった点

  • 3万円以下で買えてコスパがよい
  • 指紋認証が便利

3万円で買えてコスパがよく性能も悪くない

7月に買った時に2.3万円ほどだったんです。今購入すると2万円を切っていて驚くほど安く買えます。

めちゃくちゃ安く買えるのでとてもコスパがいいです。何年か前には考えられないようなスマホのスペックです。

5.2インチ、フルHD、メインカメラは1200万画素、Micro-SDスロットで最大128GBまで拡張可能。テザリングも8台対応していて十分普段使いできるスペックです。

指紋認証が便利

指紋認証で簡単にロックが解除できるのはとても便利です。

使っている途中にアップデートで指紋認証がなぜか使えなくなりましたが途中のアップデートで復活しました。

ちょっと意味が分かりませんが簡単にロック解除できるので便利です。

 

 

Zenfone4 MAXを1日使ってみての感想

  • バッテリーの持ちが良さそう
  • 指紋認証は反応が悪い
  • ツルツル滑るのでズボンから落ちる
  • スマホの解像度がHDでちょっと残念

Zenfone4シリーズの中でもバッテリー容量が多いのが特徴でして、バッテリーの持ちはかなりいいです。全然減りません。

4,100mAhもあるのでかなり多いです。最大で連続待受が約37日間持つというロングバッテリーはかなりの高寿命です。

ただ、指紋認証のセンサー位置がホームボタンになるんですが、あまり反応がよくありません。1回で解除できる場合と何度やっても解除できない場合もあります。

スマホ自体がツルツルするのでポケットに入れていると座ったときに落ちてしまいます。椅子から立った時にポケットから落ちて割れてしまいそうなのでちょっと怖いですね。

スマホの解像度がフルHD(1920×1080ドット)ではなくHD(1,280 x 720)とちょっと狭いのが気になりますが、使っていく中では全然気になりません。

 

まとめ

ひとまず、買い替えて良かった。というのが感想です。

色々とアプリをインストールしても残りのROM残量が18GBほどあり余裕があります。

スマホがツルツルするのが気になりますが、カバーを付けて対応したいと思います。

 

SPONSORED LINK

格安スマホ
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください!
スポンサーリンク
本当はカフェラテが好きだった

コメント