【サカつく8】オリジナルクラブ1年目にしてJ2を2位で昇格した攻略ポイントを紹介

良かったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013-10-19-20.21.29.jpg

昨日発売されたサカつく8をプレイして1年目が終わりました。いきなり2位までいって昇格してしまいました。。。(ノーリセ派なのでリセットなしでプレイしています)昇格するコツなどを紹介します。

スポンサーリンク

まずは1年目の攻略ポイントを紹介

  1. 監督・スカウトなんて0円でOK
  2. 初期メンバーに移籍オファーが来たら即決でOK
  3. まずは良さそうなFWとGKを手に入れたい
  4. 完全移籍とレンタル移籍のバランスが大事
  5. 練習は全部休養

監督・スカウトなんて0円でOK

最初に設定する初期の監督やスカウトなんて能力に大差はありませんし、優秀な監督やスカウトがいなくても問題ありません。なので、0円の監督、スカウトで問題なし。自分は0円スカウトでしたが、スカウトリストにはそこそこ使えそうな選手がアップされましたし、今回の最終的なレギュラーはすべてスカウトリストから移籍してきた選手が活躍しています。

初期メンバーに移籍オファーがきたら即決でOK

初期メンバーは全部1、2年で入れ替える勢いでいいと思います。というか、序盤の収入源は初期メンバーの移籍金です。メンバーが足りなくなってはいけませんが。なのでオファーが来たら即決でOK。自分は1年目の終わりには初期メンバーでレギュラーは1人しか残っていませんでしたから。

まずは良さそうなFWとGKを手に入れたい

序盤で悩まされるのは「得点力不足と失点の多さ」です。ですので、それらを補うためにFWとGKの補強は急務課題。コメントが「かなり~」以上で今成長しているような選手を手に入れましょう。外人枠をそこに使うのもありです。まずはFWとGKを補強してからMFやDFといった流れが良さそうです。もし、ほかのポジションでよい選手が出てきたら、そちらを優先してもいいと思いますよ。

特に無所属選手は移籍金がかからないので毎月1週目と3週目に更新されるスカウトリストは要チェック。

完全移籍とレンタル移籍のバランスが大事

完全移籍ばかりでも移籍金やらお金がかかって大変です。そこでうまく使いたいのが、「レンタル移籍」。30歳頃でほとんどの選手がピークを過ぎてしまいます。つまり、ピーク後の選手は成長が見込めず能力が下がるばかり。完全移籍で手に入れても数年後お荷物となる可能性が高いです。

そういうピークを過ぎてるけど、使えそうなJリーグ選手は「レンタル移籍」を利用しましょう。年末に移籍するかどうかを選択することができますので、そこで資金の余裕があってその選手が活躍していたら完全移籍しちゃえばいいと思います。

レンタル移籍はせいぜい2~3人くらいがバランスがいいのではないでしょうか。多すぎると2年目にメンバーがいなくて大変ですので。

練習は全部休養

序盤はクラブハウスの施設が充実していないので練習すると疲労は溜まるわケガするわで大変です。特に1年目というのは練習しても効果がないのにケガのリスクが非常に高いです。

序盤は選手の入れ替わりが早いですし、じっくり育てて優秀な選手に育てるのはもうちょっと後でもいいと思います。試合の経験値でも選手は育ちます。資金が溜まって、クラブハウスの施設が充実してから練習で育てる流れにもっていったほうがケガしなくなりますからチームがガタガタになりません。

1年目に意識して設置したい施設はスタジアムの「売店」(5000万円)とクラブハウスの「リラクゼーションルーム」(1億円)です。売店はすこしホーム試合の収入アップ。リラクゼーションルームは休養効果アップが期待できます。

スポンサーリンク

良かったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする