kindleの使い道がないので車の後部座席タブレットホルダーを買ってみた

良かったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第5世代のKindle Fire7タブレットを買ったのですが、普段使い用として使うのにはgoogle Playストアがないなど使いづらいので使われずに余っていました。

最近、車の後部座席に取り付ければうまく活用できるのではと思い後部座席タブレットホルダーを購入してみましたのでレビューを紹介します。

組み立て・取り付けは簡単

Amazonで「タブレットホルダー 後部座席」と検索すると出てきたiSmileのタブレットホルダーは7~11インチのタブレットに対応していて価格も1,580円と格安だったので購入してみました。

他にも同じようなヘッドレストに取り付けるタブレットホルダーは売ってますので良さそうなのを選んでみてください。

取り付け方は工具不要でヘッドレストバーに取り付けるだけなので簡単です。

角度も調節でき、Eレバーは横に動き、Fレバーでタブレットを縦横に動かすことができます。タブレット自体は上下の爪で固定することで飛び出すのを防止します。(ロックできます)

外箱に説明書があったからか中にはタブレットホルダーのみでした。

左がタブレットを固定するもの。右がヘッドレストに固定する器具になります。

爪でカチッとするだけでつなげられます。

もうすでにタブレットがついていますが、タブレットを固定するのは後からがいいでしょう。ディスプレイに傷がつきます。

車の助手席に固定します。ヘッドレストを引き抜かなくてもネジを緩めればはめることができます。

固定しました。

いい感じの角度にして完了です。10分くらいでできました。音量を上げれば運転中でも十分聞こえます。画質も悪くありませんし、子供が見るなら十分です。

ただ、近すぎると子供にあまりよくありませんから、助手席を前に動かして画面を離してやるなど調節が必要です。

ぐらつくこともなくタブレットが外れて落ちることもありませんでした。

Amazonプライム会員なら動画を25本DLできる

Amazonプライム会員ならプライムビデオを利用できます。プライムビデオには会員なら無料で子供が好きそうなアニメや映画などを見ることができますので長時間のドライブでも子供が飽きることがありません。

車によく子供が見るアニメなどのDVDを置いておく人も多いと思うのですが、タブレットとネットさえあれば見ることができるので子供が飽きることはまず飽きることはないでしょう。

最大25本までダウンロードできますので外出時や旅行先でもオフラインで視聴できます。

子供が好きそうなアニメ、映画

  • クレヨンしんちゃん
  • ドラえもん
  • アイカツ
  • あたしンち
  • ミッキーマウス
  • ちいさなプリンセスソフィア
  • リロアンドスティッチ
  • おさるのジョージ
  • 妖怪ウォッチ
  • ぐでたま
  • マイメロディ
  • ポケットモンスター
  • 機関車トーマス
  • スラムダンク
  • しまじろうヘソカ
  • おかあさんといっしょなど

1歳~小学生まで好きそうなアニメや映画がたくさんあります。ドラえもんやクレヨンしんちゃんは映画もありますし、大人も子供の頃見たことがあるような懐かしい作品が用意されています。

子供だけじゃなくて大人も楽しめる最近の映画も用意されているので旅行など移動中の暇つぶしにぴったりです。

動画を見れるように事前にダウンロードしておく

Kindle Fire7はSIMフリーではないので、外でネットにつなげるならWiMAXなどモバイルWi-Fiルーターが必要となります。

アニメや映画は数百MB~数GBとデータ量がとても大きいので外でネット接続しながら見ると速度制限にかかってしまう可能性があります。

家で固定回線を契約しているのであれば事前に見ると思う動画をダウンロードしておけばオフラインで視聴が可能です。

Kindleの容量が少ないのでmicroSDで容量をアップする

Kindle Fire7のラインナップではデータ容量が8GBと16GBしかありません。ですので、映画をダウンロードしようと思ってもすぐ容量がいっぱいになってしまいます。

Kindleの良い点はmicroSDで容量をアップすることができる点です。

最近では32GBで2,000円以下、64GBでも3,000円くらいで買えます。25本ダウンロードできますので余裕を見て64GBを買っておきたいところですが32GBでも動画を削除したりすれば対応できると思います。

運転席からは操作しづらい

運転席からではちょっと操作しづらいです。一度画面を運転席側に向ける必要があるからです。ですので、運転中に「見れなくなった~」など子供からクレームが来ても対応できませんので短い動画ではなく映画にしておくとある程度放置できます。

車に置いておくなら充電必須

いちいち帰ってきた時にタブレットを外して家に持ち帰るのは結構面倒です。子供を乗せたり降ろしたりしてさらにタブレットも外してとなると結構手間がかかってしまいます。

ですので、車に乗せっぱなしにしたいところです。そうなると気になるのは電池切れや夏など車内が高温になって故障しないかとか車上荒らしされないかどうかです。

充電に関しては車のシガーソケットから充電できるのでいいのですが、充電ケーブルが短いと届きませんので2mなど長めのケーブルを購入したほうがいいでしょう。

夏の高温対策ですが、動作温度としては0~35℃までとなっています。夏の日中炎天下ではダッシュボードでは約80℃まで上がることが実験で分かっているので車内は相当熱くなっています。

日中も車内に置いておく場合にはタブレットにタオルをかけるなどして対策をしたほうがいいでしょう。

過酷な環境に置くことになりタブレットの寿命が減りますから夏は家に持って帰った方がいいでしょう。運転中はエアコンを使いますのでそこまで高温にならないはずです。

車上荒らしにあうかもしれませんので、高温対策と同じくタオルのようなカバーをかけたほうが安全でしょう。

スポンサーリンク

良かったらシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする